国家資格 ランキング

就職・転職したい人にオススメの国家資格ランキング

どれを取得する? 人気の国家資格

企業側に「使える人材!」と思わせる国家資格とは?

就職や転職で役立つ資格というのは、
①その資格だけで独立・開業することは不可能、または難しい、
②幅広い企業でその知識や技術を求めている
というような特徴を持っています。

具体的に挙げてみますと、不動産業界で働く人にとっては必須と言われる宅地建物取引主任者(通称“宅建”)は、この一例と考えていいでしょう。
そもそも宅建は、不動産業を公正に営むために定められている資格で、不動産会社を害業したいという人には必要な資格ですが、これを持っているからといってすべての人が開業できるというような内容の資格ではありません。
むしろ、不動産会社で社員として働く人(または就職・転職を希望している人)が取得すべき、就職・転職向きの資格と考えるべきでしょう。

しかし、宅建という資格の強みは、不動産という特殊なジャンルを扱っているところにあります。不動産に関する知識は不動産会社に限らず、住宅メーカーや不動産を担保として貸付を行う金融関係、その他の企業でも必要とされているからです。宅建の資格を持っている(=不動産の知識を持っている)ということは、さまざまな企業への就職・転職に有利に働くことは言うまでもありません。
このほかにも、金融という特殊なジャンルに精通したファイナンシャルプランナー、国家資格ではないのですが、日商簿記などの簿記検定も多くの企業で就職の際に認められる(受け入れられる)資格と言えるでしょう。

就職や転職に役立つ資格として挙げられるものは、大きく分けで2ジャンルあると思います。ひとつは事務系の資格、もうひとつは運転や特殊物の取り扱いなどの技術系の資格です。技術系資格は膨大な数に上りますので、今回は事務系資格に絞ってオススメの国家資格をランキングにしました。
ランキングを作成する際の基準としたポイントは、企業に就職する際にいかに有利になるかという点や試験の難しさ(難易度)、人気の高さなど。
取得が難しいと言われている国家資格の中でも、比較的取得しやすい資格を上位にランキングしてみました。

就職・転職したい人にオススメの国家資格ランキング

1位 宅地建物取引主任者

2位 ファイナンシャルプランナー

3位 社会保険労務士

4位 不動産鑑定士

5位 税理士

社会保険労務士、不動産鑑定士、税理士などは、それだけで独立・開業できる資格ではありますが、持っていると就職にも有利。いずれも取得が難しい難関資格ですが、それだけメリットが大きいのも特徴です。
なお、国家資格ではありませんが、会計系の資格の登竜門である日商簿記検定や、秘書検定なども、就職・転職にオススメの資格です。

それでは、次のページからは、上位にランキングした「宅地建物取引主任者」、「ファイナンシャルプランナー」について、詳しくご紹介しましょう。



>>国家資格取得に最適な通信講座での勉強法
次のページへ