国家資格 ランキング

人気の資格ガイド 宅地建物取引主任者とは

どれを取得する? 人気の国家資格

不動産の知識は社会人の基礎になります!

オススメ国家資格の上位にランキングした、宅地建物取引主任者は、通称“宅建”と呼ばれて親しまれている、ポピュラーな国家資格です。
ご存知の方も多いかと思いますが、この資格の概要についてご紹介します。

宅地建物取引主任者の資格は、宅地建物取引業法という法律に定められているもの。不動産の売買を行うときに、知識や経験がない一般の買主や売主は、ともすると不動産業者よりも弱い立場に立たされることが多くなります。そのような状態で不利な契約を無理やり結ばされてしまうことの無いように、売買の対象となっている不動産に関するあらゆる事柄を、宅建主任者がきちんと説明しなければ、正式な取引として認められないことになっているのです。

この宅地建物取引業法の中で、不動産業を営むためには、事業所ごとに最低1人、大きな事業所の場合は5人に1人の割合でこの資格を持っている人を置かなければならないと定められていて、ゆえに不動産業界では宅建の資格が必須と言われているわけですね。
しかもこの資格は、不動産関係だけではなく金融関係や住宅関連メーカー、その他の一般企業でも取得が勧められていて、社会人の基礎知識という意味合いを持つ資格となっているように見えます。

しかもこの資格、ビジネスの上で有利というだけではなく、プライベートでもなかなか使える優れもの。自らの不動産売買や賃貸契約の際にも、この宅建の知識が役に立つこと間違いなしなのです。
不動産を見分ける目と、悪徳不動産業者に引っかからない知恵が身に付くだけでも、この資格を取得する意味があるかもしれませんね。



>>国家資格取得に最適な通信講座での勉強法
次のページへ