国家資格 ランキング

独立・開業したい人にオススメの国家資格ランキング

どれを取得する? 人気の国家資格

実力次第で高収入も可能!? 一国一城の主になろう!

次にご紹介するのは、将来的に独立・開業したいと考えている人にオススメの国家資格ランキングです。
独占業務があり、独立開業できる資格というのは、医師や弁護士などさまざまありますが、今回は、努力次第で比較的短時間で取得できそうな国家資格を中心にランキングしています。(例えば、医師免許を取得するためには、大学医学部受験から始めなければなりません。そのような、時間的に取得が難しい資格は削除しています)

それでは、具体的な例を挙げて考えてみることにしましょう。
まず一番にオススメしたい資格は、最近話題の行政書士です。
行政書士は、会社設立や印象店の開店など、役所への許可申請が必要なときに、依頼主に代わって書類を作成して申請するのが主な仕事。この資格は、『独立・開業型資格』と呼ばれ、一般企業に就職しながらこの資格を活かして働くことはできません。
サラリーマンが副業としてこの仕事を行うことも禁止されていますから、行政書士資格を取得したら、行政書士事務所などに勤務するか、独立という道しか考えられないのです。

企業に就職するという選択肢がない代わりに、独立するチャンスが与えられています。しかも行政書士の場合は、最低限の機器やスペースがあれば開業できるので、一般的な自営業に比べて初期のコストは少なく済むのです。
大きなリスクを背負わずに開業できて、自分の努力次第で高収入も狙えるわけですから、「いつかは独立したい…」という夢を持っている人には、かなり魅力的な資格なのではないでしょうか。

それでは、独立・開業したいときにオススメの国家資格をランキングでご紹介したいと思います。行政書士以外にも、オススメのものはたくさんあります。独立開業型の国家資格は、取得がなかなか難しい資格が多いのですが、その中でも比較的取得しやすいもの(といっても、相当な覚悟は必要です)を上位にランキングしてみました。

独立・開業したいときにオススメの国家資格ランキング

1位 行政書士

2位 社会保険労務士

3位 ファイナンシャルプランナー

4位 税理士

5位 中小企業診断士

社会保険労務士やファイナンシャルプランナーは、企業でも活躍できますが、独立も可能な資格です。いずれも取得が難しい資格ですが、1位から3位までにランキングした資格は、(努力次第で)1年以内に取得することができると言われているものです。
取得が難しいといわれている資格ほど、取得した後のメリットが大きいと考え、地道に努力していくほかありませんね。

次のページからは、上位にランキングされた国家資格、行政書士と社会保険労務士について詳細を解説していくことにします。



>>国家資格取得に最適な通信講座での勉強法
次のページへ