国家資格 ランキング

どれを取得する? 人気の国家資格

社会保険や労務に関するエキスパート!

消えた年金問題や年金改革の話題にともない、社会保険労務士(通称“社労士”)という名前をよく耳にするようになりました。
社会保険労務士とは、実際どのような仕事をしているのでしょうか。

社労士の仕事を簡単に表現すると、「社会保障制度に関する法律の専門家」です。
社労士が扱うのは、労働基準法や健康保険法、雇用保険法などの法律。国民が健康で安定した生活を送るために、国によって作られた社会保障制度の一環で、それらの法律がスムーズに施行されるように働くのが、社会保険労務士というわけです。
具体的どんな仕事なのか、ちょっと書き出してみます。

申請手続きや書類・帳簿などの作成といった手続きを行うことを、1号・2号業務といい、これらは社労士の有資格者しか行えない独占業務となっています。
具体的にどのような仕事があるのかというと、厚生年金や労働保険などの加入手続き、手当金や給付金の申請手続き、保険・年季の給付額算定などです。

これらの手続き業務は、大きな企業は社内の総務や経理担当者で社労士の資格を持っている人(勤務社労士)が行っていることが多いと思いますが、中小企業の場合、社会に社労士の資格を持つ人材がいないことも考えられます。
そのような企業では、独立開業している社労士(開業社労士)との間で顧問契約が結ばれ、保険手続きや人事労務管理に関する仕事が一任される代わりに、月々の顧問料が支払われるというシステムになっているようです。

このように、社労士の資格は、大企業に就職した場合はその企業内で活躍できますし、独立開業した場合でも、中小企業からの顧問契約という需要がみこまれるため、十分稼げる資格といえるのです。
安定収入を望みたい人も、独立してガンガン稼ぎたいという人も、どちらにもオススメできる資格です。



>>国家資格取得に最適な通信講座での勉強法
次のページへ