国家資格 ランキング

国家試験の心得 ③通信講座で道が開ける!

どれを取得する? 人気の国家資格

短期で確実に合格したいなら、通信講座がオススメ

資格試験対策として現在主流となっているのは、通学予備校ではなく通信講座のようです。決められた時間に通学しなければならないという時間的な拘束もなく、教室と自宅が遠いなどの地理的な問題もない、というのがその理由。
忙しい社会人の方や、家庭を持つ主婦の人からも支持されているのです。

通信講座のスタッフや講師は、しけんについて研究し尽くした、言わば“資格試験のプロ”ですから、その講座の内容にはプロならではのノウハウが詰まっているわけです。素人の独学とプロのカリキュラムとでは、どのような違いがあるのか、考えてみましょう。

①テキストの質が高い

通信講座のテキストの多くは、よく出題される項目とあまり出題されない項目とを選別し、あらかじめ頻出問題だけに絞り込んでいます。奇をてらった問題には対応できないかもしれませんが、合格点は十分狙えるのです。
そもそも資格試験は、大学受験のように合格者の定員が決まっている私権ではありませんので、満点を狙う必要はなく、ギリギリであっても合格点さえ取れれば合格とみなされるのです。
ですから、通信講座のテキストは、あえて内容を絞り込むことで受講生の負担を減らし、できるだけ確実に合格できるようなテキストになっているのです。

②分かりやすい講義が“いつでも・どこでも・何度でも”視聴できる

行政書士や社労士のような、法律系の試験では特にそうですが、出題対象となっている法令には難解な用語や分かり難い言い回しなどが多く含まれていますから、プロによる分かりやすい解説があると、数倍早く理解することができます。さらに、テキストの文字から資格で得られる情報だけではなく、耳から聞く情報があったほうが、記憶に残りやすいというデータもあるそうです。
通学講座と違って、いつでも・どこでも・何度でも視聴できるのも魅力です。

③サポートが受けられる

合否を分ける重大なポイントは、学習へのモチベーションをどれだけ維持していけるか、というところにあると思います。通信講座では、テストの添削や学習スケジュールの管理など、モチベーション維持のためのサポートシステムが充実しています。法改正情報や、最新の試験情報なども得られるので、独学のような孤独感や取り残されているように感じる不安などに囚われることが少なくなると思います。



>>国家資格取得に最適な通信講座での勉強法
次のページへ