国家資格 ランキング

国家試験の心得 ④最適な通信講座を選ぶために

どれを取得する? 人気の国家資格

よい通信講座に出会う第一歩は、資料請求から

このページでは、受講する通信講座を決定する際に、どのようなポイントを見極めればいいのか、そのあたりを考えてみることにします。
まず、よい講座に出会う第一歩は、資料請求から。資格試験を受験することを決めた瞬間から、手当たり次第に資料請求をしてみましょう。
たくさんの資料を見比べているうちに、自分に必要なものや不要なもの、自分に合うものと合わないものがだんだん見えてくるはずです。
さらに、一度資料請求しただけでしつこく何度も電話勧誘してくる講座があるかと思えば、一度のメールだけですぐにサンプルを送ってくれる講座もあって、その対応を見比べるだけでも、受講する講座を決定する参考になるかもしれませんよ。

それでは、質の差が激しい通信講座の中から、よい講座を見つけるためには、どんなポイントに注意すればよいのか、それを解説してみましょう。

1、通信講座の専門校か?

資格予備校の多くは、通学と通信の両方の講座を開設しています。しかし、そんな学校の場合、サポートやその他の面で、通信生よりも通学生が優先される場面が多く見受けられるのです。その点、通信講座の専門校なら、サポートシステムやカリキュラムのすべてが通信生向けに作られているわけですから、気兼ねなく受講できるのです。高い受講料を支払うなら、通信専門校の方がストレスなく学習が進められますよ。

2、教材に受講生への配慮が見られるか?

モノクロの文字で重要項目を羅列しただけのテキストに、受講生への配慮は感じられますか? ただでさえハードルが高い資格試験なのですから、受講生の負担が軽くなるよう、ハードルを下げる努力がなされているかどうか、その点を見極めることが大切です。
できるだけ情報量を抑えた内容のテキストであることはもちろん、重要項目はカラーで色分けされていたり、分かり難いところは図や表になっていたり、工夫されているかをチェックしましょう。

3、DVDやCDなどの講義メディアが付いてくるか?

教材の中に、講義CDやDVDなどが付いてくるかどうかも重要なポイント。行政書士や社労士、宅建のような法律系の試験では、難解な項目も多く出てきますし、試験範囲が膨大なので、プロの講師が分かりやすく噛み砕いて解説してくれる講義が聴けるかどうかが、効率よく学習できるか否かの分かれ道になるのです。

4、受講料とカリキュラムの内容が適正か

激安の受講料を売りにしている講座では、講義DVDが付いていなかったり、内容もそれなりであることが多いようです。逆に受講料が高い講座であっても、内容が充実しすぎていてテキストや問題集を最後までやり遂げられなかった…という話もよく聞きます。
重要なのは、金額が安いか高いかということではなく、講座の内容に対して受講料が適切かどうかを見極めることと、その内容が自分に必要なものかどうかを判断することなのです。



>>国家資格取得に最適な通信講座での勉強法
次のページへ